叔父さんの名誉を守る遺品整理

遺品整理を業者に依頼することで名誉を守る

遺品整理をしてみた

叔父さんの名誉を守る遺品整理

遺品整理をしてみた。

してみたというか、今、呆然としている。

大好きな叔父さんが亡くなり身寄りがオレだけなので遺品整理をオレがするしかないのだ…。

こんなに大量にモノがあるなんて…、人間が生活をすることってモノに囲まれながら暮らすってことに改めて気が付いた。

大好きな叔父さんだったが、こんな一面があったのか…。

というものが数多く出てきた。

今まで付き合った彼女なのか、それとも片想いの人なのか、押し入れから大量の女の写真が出たきた。

これは、どうしたらよいのだろう。

叔父さんの思いが詰まったこの写真を。

冷蔵庫や薄型テレビなどは、粗大ゴミに出した。

プレイステーション1は売り、プレイステーション3はオレが形見として譲り受けた。

しかし、この写真はどうしたらよいのだろう?ものすごく思い入れが強いモノだから捨てる訳にはいかないし、この写真の相手に写真を配ってまわるのは、昔の恋人だったらいいけど、もし、叔父さんが一方的なストーカーだった場合、叔父さんの名誉をオレが傷付けることになる。

どうするべきか考えたあげくインターネットで、遺品整理業者を見付けた。

専門業者の仕事内容について>>>遺品整理の仕事

なんでも、おたきあげもしてくれるそうなので、頼んでみようと思っています。